FC2ブログ

検索フォーム

QRコード

QRコード

アーカイブ



New Life, New Style

Category:  

ずぅが社会復帰して、丸4年が経ちました。
この4月、5年目が始まったところです。
そして、今まで学童に通っていた姫さんは
学童を卒業して、自宅に下校するようになりました。
小学校は下校が早く、母より30分ほど先に家に着くので、
宿題をして待っていてね、というのがお約束でした。
しかし。しかし。
このスタイルが本格稼働して1週間。
姫さん、早くも限界点到着(;◇;)

2週間目が始まろうという今朝、
涙目で顔を伏せ気味な姫さん。
「どうしたの?」と聞いても答えないので、
しばらくそっとしておいても、やっぱり涙目。
「だからどうしたの?」と聞くこと3回。
パンをほおばりながら、大泣きを始める姫。
「なんで家に帰っても母がいないの!?」
「静まり返った家に一人でいるのに耐えられない!!」
「お化けが出てきたらどうするのー!」
「知らない人にピンポンされたら怖いーーーーー!!!」

あ、これヤバいヤツだww

いつもはおどけていることが多い姫さんが、
本泣きしながら絶叫するときはアウト(^^;
本日はどうしようもないので、義母に下校時刻あたりに来てもらうことにし、
私は出社して部門長に勤務時間について相談。
二つ返事で、就業時間を30分前倒ししてくれることになりました。アリガタヤ
(勤務時間数が変更になるとややこしいけど
 勤務時間帯がずれるだけなら明日からでも大丈夫、ということらしい^^)
というわけでお尻が30分早まって、
姫さんとほぼ同じ時間に家にいることができることになりました。

帰宅して、姫にこの旨を伝えると
本当に安心したようにいつもの笑顔に戻って、
「これでまたダッシュして帰ってこれる!」と嬉しそうでした。
(ダッシュだとあっという間に帰宅してしまうため、
 一人で家にいたくない姫さんは、
 最近はゆーっくりゆーっくり帰ってきていたのでした・笑)

もともとしっかりした子だし、中学年になったんだから
30分くらいは留守番できるだろう…というのは
親の勝手な希望的観測だったんだなと思い知りました。
まだまだ不安が多くて、親に守ってもらいたい年頃。
私も鍵っ子だったけど「我が天下」みたいに謳歌していたのは、
高学年になってたからだったんだなぁ…と今更理解。
来年には若も小学生になるし、当面はこのスタイルになるのかなー。
あれ?ってことは、来年の夏休みは2匹まとめて家にいる?
それってテロじゃね?…今は考えるのやめよう。

本当、子育てって、親も都度勉強ですね^^;
反省&痛感&前進です!
スポンサーサイト

 2017_04_17


Comments

No title 

姫頑張ってたんですね(^^)
姫の学童は3年生からは入れない??e-350
しーの学童は6年までOKなんでとてもありがたいです。
しーは下校途中200~300mほど一人になるだけでも怖がる人なので…
家に一人でいることなんて絶対に無理やと思う(-_-)
しーまま  URL   2017-04-18 12:23  

 

うん、姫頑張ってたみたい(^_^;)
学童は建前的には6年まで入れるんたけど、
実際は3年になるときにほとんどの子がやめて
4年は数えるほど、5年からは皆無って感じ。
夏休みだけ入りたいんだけど、
元々の人数が多いからお断りされる…って感じ(´・ω・`)

先生達も親も本人も、「姫ならいけるでしょ」と
タカを括ってたんだけど、呆気なかったわ(笑)
しーちゃんは怖がりさんなのね(^_^;)
分かりやすい方が、こういうときはありがたいね(笑)
ずぅ  URL   2017-04-18 14:59  

No title 

分かりやすいんですけど、
家の外にいる大人はほぼ不審者と信じているため挨拶できないんですよね…
大人から挨拶されると、「連れて行かれる!」と思うらしく無視してるらしいです(-_-)
どうしたらいいのか…
しーまま  URL   2017-04-21 12:21  

 

あらあら、慎重が過ぎるのね(^_^;)
誰にでもついていっちゃうのは問題外だけど、
馴染まなすぎるのも困るねぇ…😓
これはしーままちゃん、頭痛いねぇ(苦笑)
ずぅ  URL   2017-04-23 13:44  

 管理者にだけ表示を許可する


08  « 2018_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

ずぅ

Author:ずぅ
愛娘・姫のマシンガントークに耳を痛め、愛息子・若のやんちゃ坊主っぷりに頭を痛める毎日。仕事も始めたので、毎日がてんやわんやです。

検索フォーム

QRコード

QRコード

アーカイブ




PAGE
TOP.