FC2ブログ

今年もそろそろ

いよいよ年の暮れになってまいりましたね。
依頼されている印刷物の原稿に行き詰まり、
再三の現実逃避を繰り返しているずぅです。
・・・・そろそろ逃げるのやめような、自分 orz


さて。以前書いた懐かしい友との食事が、先日やっと実現いたしました。
いやー、やっぱり11年振りともなると、ネタが尽きませんね(笑)
本当にあっという間の数時間でした。
「●●ちゃんは、21の時結婚して、今は2児の母やよ」とか
「××ちゃんも養子に入ってもらって結婚したんだって」とか
「◆◆ちゃんと■■ちゃんはデキ婚だって」とか
主に、結婚した人の名前が羅列されていました(笑)
「▼▼ちゃんは(当時)いきがってた割には、この間見たら何てことなくなってたよ」
なんて出たかと思えば、「▲▲君は、1ヶ月前くらいに自殺しちゃったんだよ」なんて、
なんともやりきれない現実を突きつけられたり。
兎にも角にも、この11年で皆が皆、確実にそれぞれの道を歩んできていて、
それぞれに「何か」に手を伸ばして進んでいるというのが分かりました。

途中から、
「中学の時(の人間関係)って、よく分かんない独特のルールみたいなのがあったよね?
 あれってなんだったんだろう?今思うと、ワケ分かんないよね(笑)」
っていう話題になりまして。
ホント、「中学生」で「女の子」だったりすると、
理解不可能な事象がポンポンポンポン湧いてくるんですよね。
恐らく、思春期だとか反抗期だとか女の特性だとか、
そういう類からくるモンだとは思うんですが。
「何をしたら、こういう“制裁”になるんだ?」ってこと結構ありませんでした?
あれって、きっと、中学生特有の不安定さが成せる業だと思うんですよね。
経験が足りない子供だから、相手の立場に立つことまで頭が回らなくて
単純に、自分本位な感情だけで「排他」をやってのけられるというカンジ。
(だから逆に、大人になってもそんな事を続けている人はかなりヤバいってことです。
 自分と異質の「他」を受け入れられないのは、成熟してない証。)
「ホント、くだらないことでウダウダ言ってたね~。
 でも、当時は大切なことだったんだろうね(笑)」
と懐かしんできました。

とりあえず、この友人とは交友関係を再スタートってカンジです。
今の私たちで、またあの頃みたいに色々楽しめたらいいなって思います。
ん~、とりあえずまた食事にでも行って、またたくさん話したいぞ~(^▽^)

スポンサーサイト
プロフィール

ずぅ

Author:ずぅ
愛娘・姫がすっかりお嬢さんになるも、愛息子・若は未だにかわいいやんちゃ坊主^^
平成が終わって令和が始まるので、新しい働き方、始めることにしました。
会社で通算11年タウン誌を制作した経験を生かし、フリーでライター兼エディターやってます。福井市在住。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード
アーカイブ