FC2ブログ

雑感

ただ、「寂しい」と。
「残念だ」と。
そう言ってもらえるだけで、
根詰めて、頑張った甲斐はあったってもんです。
それこそが、最高の褒め言葉です。
私は、充分に遊ばせてもらって楽しかったから、
その言葉をいただけるだけで、幸せです。

スポンサーサイト

・・・(▼▼メ)

「でも」とか「だって」はなぁ、仕事を覚えてから言えってんだ!
理屈一つ分かってないくせに、
口答えだけいっちょまえにしてんじゃねぇよ

・・・と、久しぶりにマジ切れするずぅ。

かくも儚き

校了日を、1週間もぶっちぎってるのに
まったく終わる気配がない。
さすがにこんな(色んな意味で)最悪な状況は、経験したことがない。
あぁ、頭が痛い。

とは言いつつも、校正待ちなので何もできず、
頭は次の秋号の内容について考えている。
そして、ある瞬間ふっと気づく。
‐あ、世間はまだ初夏だ…‐
これから盛夏だってことが、すっかり頭から抜け落ちていた。
私が作っているのは季刊誌だから、
誌面の随所で季節感を盛り込むように気をつけている。
だからこそ、作っている本人たちには
「今生きている季節」を実感することが
足りていないのかもしれない。
そういう意味では、月刊誌くらいが(製作側としては)
「適度な先取り」でちょうどいいのかも。
…その忙しさには、到底ついていけないだろうけど。

とりあえず。
既に紅葉の季節に想いを馳せつつ、
もうしばらく、終わりそうにない夏号に頭を痛めてみる。

伝えたい、伝わらない。

どうして自分がしている事を
『仕事』ではなく、『作業』にしてしまうんだろう。
一生懸命、理解しやすいように
「何が足りないのか」「どう改善すべきなのか」の道筋まで説明してるのに、
根本的な理由を考えないから、『作業』に終始してしまう。
(多分、文章表現・技法にはまったくといっていいほど訂正を入れずに、
 ひたすら文章構成に注意を入れてることも気づいていないんだろうなぁ…)
その結果、20歳も年下の小娘にコテンパンにこき下ろされるって…。
(まぁ、こき下ろした結果、その小娘は『鬼軍曹』と呼ばれるわけですが。)
私なら、かなり凹む事態だし、
次は応戦できるように、頭フル回転で物事に取り組むようになると思うんだけど。

『道筋』は与えられても、その先にある『答』ってのは自分で掴み取るもの。
『仕事』ってのは『教えてもらう』ものじゃなく、『学び取る』もの。
そんなことも理解できず、当然実行できていないのに
「社会人何十年生」とかいう顔をしないでいただきたい。
社会といわず、自分の歯車一つ自分の力で回せていないことに
少しでも早く気づいていただきたい。

自信がないのなんて、誰しも同じこと。
ただ、その自信がない中でも、自分が責任を負える最大の範囲で
精一杯もがきながら、肩を鍛えているだけ。
そんな腹積もりもなく、誰かの背中を風除けにしている限りは
イッパシの社会人面なんかやめることです。
でないと、正面から風を受けている我々が迷惑なだけですので。

…というニュアンスを諸所に散りばめながら説教をかますのですが、
一向に届く気配がありません。
こういう人って、痛い目見ても直らないんだろうなぁ。

『推し量る』、是即ち、高等技術

送別会の会場候補として、お好み焼き屋が挙がるってどうなのよ?
送られる方の身にもなってあげなよ……。
(候補に挙がるだけでもどうかと思うけど。)
幹事ちゃん、君の今年の目標は『人の機微に敏感になる』かな。
ってか誰だよ、こんな社会人に育てたの!
……あ、うちらか(苦笑)
プロフィール

ずぅ

Author:ずぅ
愛娘・姫がすっかりお嬢さんになるも、愛息子・若は未だにかわいいやんちゃ坊主^^
平成が終わって令和が始まるので、新しい働き方、始めることにしました。
会社で通算11年タウン誌を制作した経験を生かし、フリーでライター兼エディターやってます。福井市在住。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード
アーカイブ