FC2ブログ

終戦記念日に触れる

福井の中心街で生まれ育った義母。
その義母が語ってくれた
「今の中央公園のところ、昔は進駐軍がいてね、
 チョコレートとか使って子供を誘い込んでは
 悪さをしようとするから、
 学校の先生がこっちから帰りなさいって言ってね」
という話から、“私の知らない時代の福井”に俄然興味が沸き、
本日、祖母(実父の実母)を押しかけ、色々話を聞いてきました。

結婚した頃のこと、戦争時のこと、福井地震のこと、
息子(私の父)が生まれた日のこと、ご先祖様のこと…

齢97歳とは思えないほどしっかりしていて、
聞いたことには鮮明に答えてくれて、
日付まできちんと覚えているのに驚愕。
この記録を何に使うわけではないけど、
改めて聞いてよかったなぁと思いました。
諍いの多い一族なので(笑)、
祖母とまたボチボチ顔を合わせるようになったのも
ここ2~3年のことで、
家に上がったのはもう20年ぶり位になるけど、
記録として残せたのは意義があったなと思います。

とりあえず、祖母の実家筋が士族で
福井藩主松平家からもらった脇差しがあることはあるけど、
まったく手入れしてないから人様にはお見せできない
ということまで分かりました(笑)
思いのほか遡った(笑)
まるで歴史の教科書を見ているような内容だけど、
その時代を生きた人の言葉は
生きてるというか色を持っているなぁと感じたひと時でした。
スポンサーサイト

夏休みスタート!

さて、今年も子供たちの夏休みが始まりました・・・
今年は、私がフリーランスになったから
両家の親には二進も三進もいかない時だけ頼ることにして、
基本私が面倒見ることに。
まぁ、2人とも大きくなってきたので
数時間の留守番なら任せられますしね。
不安なのは毎日昼ごはん作らなきゃいけないことくらいかな。
まぁ、手抜きしながらボチボチ頑張りたいと思います。

今年は実妹が7月中に帰省するってことなので、
その前にヘビーな絵と読書感想文を片づけたい。
というわけで、早速絵から片づけていきます。
姫作画中'19
姫さんは安心して見てられる(笑)
この土日で下書き・色付けを終えて、絵は終了!
ほら、大物は学校の感覚が残ってる間に片づけるに限る。
若さんも、父の指導を受けて、涙ながらに頑張りましたよ。

若作画終了'19
と囁かれている若は、一足先に絵が終わったので
ご機嫌でスプラの水鉄砲で遊んでます。
なんか通販カタログのモデルみたいなポーズになった(笑)
おすまし顔でかっこいい(^m^)

父が二人の絵を指導している間に、
私は姫の読書感想文用のオリジナルプリントを作成。
これも毎年恒例になってきましたな。
母はプリント作成'19
さぁ、明日から読書感想文がんばれ(笑)
姫さんが2年生から始まったから若も今年からだなーと思ってたんだけど、
宿題リスト見たら任意になっていたので、来年からにしよう(^^;
指導するほうも大変なのだよ。

まぁ、とにもかくにもボチボチやってまいりましょー!
時間ができて天気も許したら、山にもいくよ!(笑)
今年の夏も忙しいぞー(^m^)

夏のある日

まだ梅雨あけてくれないけど、気温的には夏ですね。
週末は台風が北上してくるとかで、
また湿度が高そう…。早く明けてほしいものです。

若が、学校で風鈴作ってきましたよ^^
若作風鈴
トマトですって。かわいい^^
我が子ながら(だから?笑)センスいい♡

さて、まったく関係ありませんが、
私のPCが昨日の朝、突然お亡くなりになられました・・・(;◇;)
仕事しようと思って電源入れても、真っ暗のまんま。
え?今、雑誌の原稿書き、最盛期ですけど?
ってか3連休1日潰して書いた原稿、中にあるんですけど?
バックアップ取ってないんですけどー!?
とプチパニックになりながら、専属SE(旦那氏)に連絡。
昼ごろに戻って来てくれるというので、
入っていた撮影を大人しくこなしてくることに。
帰ってきたら旦那氏が色々してくれてました。
結果から言うと、ハードディスクは無事だったけど
基盤が逝っちゃったので立ち上がらなかったご様子。
ハードディスクが無事だったのでデータは抜き出して
旦那氏のPCに移しておいたよー、
今しばらくは旦那氏のPC使ってねーとのこと。
頼れるSEさんがいるってのは、本当にありがたい限りです(-人-)
しばらくしたら、またPC作ってくれるのかな。ゆっくり待とう。
とにもかくにも、仕事をつつがなく進めることができて
こうしてブログの更新までできるのはすごいことだな、と改めて。
久しぶりに冷や汗を流した瞬間でした(^^;モウイヤダナ

鬼ヶ岳

先の3連休初日、家族揃って鬼ヶ岳へ!
鬼ヶ岳は、越前市の隅っこにある標高533メートルの山。
先人たちがネットにアップしてる写真を見る限り、
今までの山とは一味違う感じがします(笑)
名前に違わず、荒々しい感じがしそうですが・・・

入り口にはイノシシガードのため、立派な門が。
20190713_鬼ヶ岳2
その前には水場もあって、降りてきたら色々洗えます。
20190713_鬼ヶ岳1
門を開けて入って、閉じたら、いざ行かん!
20190713_鬼ヶ岳3
なんか歩道も作ってくれてて歩きやすい~
20190713_鬼ヶ岳4
というのはほんの最初だけです。
急登の連続だと聞いていましたが、いよいよ始まります。
20190713_鬼ヶ岳5
・・・最初の急登撮ろうと思ったら、父娘に邪魔されました。
20190713_鬼ヶ岳6
ほら、もうすでにこんな。
でもみんな基礎体力が上がってきたようで、全然余裕です。
20190713_鬼ヶ岳 7
まぁ、今日も毒々しいお出迎え♪
20190713_鬼ヶ岳8
噂に違わず、こんなのの連続。
今までの山は山道って感じでしたが、ここは岩肌って感じね。
20190713_鬼ヶ岳9
登り始めから約30分、やっと小鬼展望台に到着。
いや、結構つらいなここ。
息を整えて、出発!
20190713_鬼ヶ岳10
なんか毒々しいキノコ発見!
20190713_鬼ヶ岳11
姫さんがストックでひっくり返す(^^;
カサの裏は黄色、軸の中は緑。
食べたら楽しくなれそう。
20190713_鬼ヶ岳12
まだまだ続くよ!
20190713_鬼ヶ岳13
第2展望台到着!
結構こまめに展望台はあるんだけど、
登山口から山頂に至るまで登山道が一直線なので
見える景色はどれも一緒。俯瞰する角度が違うだけ(笑)
20190713_鬼ヶ岳14
かわいらしいお花。
20190713_鬼ヶ岳15
登山開始から約1時間、大鬼展望台到着!
この山はあんまり花はなくて、見える景色もほとんど一緒なので
自分との闘い的な要素が強いかも(笑)
さすが「鬼トレ」と言われているだけあるww
息を整えて、先を急ぎます。いや、急げないんだけど(笑)
20190713_鬼ヶ岳16
まだ登るのかよ・・・・
20190713_鬼ヶ岳17
大鬼展望台から10分ほどで白鬼展望台に到着!
ここらへんで足が上がりにくくなってくる(笑)
上半身は割と何とかなってるけど、足が上がらない!
心肺機能は強化されてきたけど、筋力は追いついてないのかな(;;)
20190713_鬼ヶ岳18
ガバガバと水分補給。
まぁ、湿度が高くて風がないもんで、汗がダラダラ。
20190713_鬼ヶ岳19
ここからは最後の急登!
20190713_鬼ヶ岳20
最後!・・・・だよね!?
降りてきた母娘3人組のお母さんが
「もうすぐですよー!」って優しく声かけてくれたので
「本当ですか!?」って食いついてしまった(笑)
そして!
20190713_鬼ヶ岳21
やっと到着~~~!登り始めから1時間40分。きつかったわー!
真ん中右に見えてるのが日野山、左の小さいのが前回登った武衛山。
20190713_鬼ヶ岳22
頂上には神社もあります。
20190713_鬼ヶ岳23
ちゃんと、頂上に来た証明(笑)
20190713_鬼ヶ岳24
山頂展望台から日本海側を望む。
あれは・・・旧越廼村あたりか???
20190713_鬼ヶ岳25
今回のカモンジは姫さんと。
20190713_鬼ヶ岳26
姫さんに遊ばれたカモンジは若のてっぺんにも^^
20190713_鬼ヶ岳27
避難小屋・・・というか立派な休憩所ですね。
20190713_鬼ヶ岳28
その周辺にこんな看板見つけましたが・・・今回はパス(笑)
鬼ヶ岳は周回できるようです^^
20190713_鬼ヶ岳29
もう一回展望台から。
曇っててわかりづらいけど、多分、日本海。
真ん中に見えるのは敦賀半島ではないかしら・・・?
20190713_鬼ヶ岳30
展望台の上から、望遠で旦那氏を撮る。
きれいに撮れてます。良き良き。
20190713_鬼ヶ岳31
さっきの避難小屋に入ってみました。
壁一面に、これを建てる時の協力者のお名前が書けてあって
その中に旦那氏のお友達のお父さんの名前を発見(笑)
地元なので徴収されたようです(^^;
20190713_鬼ヶ岳32
頂上から唯一見えた花。なんだろな。
20190713_鬼ヶ岳33
花はなかったけど、トンボはびゅんびゅん飛び交ってました(笑)
20190713_鬼ヶ岳35
母のカメラを奪って、カメラ小娘する姫。
少しでも興味の範囲が広がってくれたらいいな♪

山頂でゆっくりご飯を食べて、一息ついて下山。
少し雨が降ってきたので、気を付けて帰ります。
しかしあれだけすごい急登の連続だったので、
降りるのも本当に大変!足の裏がジンジンしました(笑)
降りてきても元気だったのは若。
小さい分、余計な肉がついてないから身軽なのかな。
あ、想像以上にたくさんの人とすれ違いました^^
駐車場もいっぱいだったし、
私たちが駐車場に戻ってきた頃(15時頃)に登り始める人も!
かなり人気のお山のようです^^
私はしばらくご遠慮させていただこうと思いますが…ゴニョゴニョ

そういえばよく見かけたキノコ。
20190713_鬼ヶ岳34
旦那氏が「きくらげだよ~」って嘘ついて
姫が「そうなのか!」って素直に信じてました(笑)
もちろん、ちゃんと嘘だって教えておきました(^^;
今回もお疲れ様でした!

登り:約1時間40分(休憩込)
下り:約1時間10分

武衛山

カメラを買って初の週末に、久しぶりの家族登山!
本日は越前市の端っこ、味真野地区にある武衛山へ。
標高321m、片道約1時間コースですね。

入口は味真野苑の中にあるので、駐車場も間借り。
中に入ると、早速綺麗な蓮がお出迎えしてくれます。
20190707_武衛山1
まさか盛りだとは思っておらず、綺麗なお出迎えにちょっと感動(笑)

入口見つけて、早速出発!
20190707_武衛山2
最初は整備された道。
50mごとに、味真野小学校の子供たちが作った看板があります^^
最初の10分ほどで、なんだか展望台っぽい所に到着。
20190707_武衛山3
「くりこそ山」ですって。知らなんだ。
地元の子供らの秘密基地とかになってそう。
ここを越えると
20190707_武衛山4
本格的な山道になります。
20190707_武衛山5
おお、食べたら楽しくなりそうなキノコ!
20190707_武衛山6
ツツジ系?赤い花は映えますね。
20190707_武衛山7
山城だったからなのか、とにかに道がしっかりあって登りやすい。
勾配もそこまできつくないし、楽しく登れます^^
至る所で眺望も開けるので、初心者には嬉しい限り。
でも先頭を切っていた父が、よく蜘蛛の巣にひっかかってたので
どうやら我々が本日の一組目らしい。
あと、親切で掛けてくれてる50mごとの看板が辛くなってくる。
「頼むから100m毎にしていただけないか…」
看板見るたびに、「まだ50mか…」という複雑な気持ちに(笑)
20190707_武衛山8
最後200mくらいで、急勾配連続出現!
20190707_武衛山9
ここら辺はペースを落として、ゆっくりゆっくり・・・
それでもキツイ!昔の足軽さんは、どれくらいのペースだったのか・・・
多い日は、一日何往復くらいさせられたのかなぁ・・・
いつの時代も、お仕事って大変だよなぁ・・・・
20190707_武衛山10
深い紫が綺麗~と、写真取りながら息を整える(笑)
すると前方から「頂上だ~!」との声。
よし、私もあと少しだ!頑張れ!
20190707_武衛山11
ついたー!
頂上広場は思ってたよりこじんまりしてました。
日よけになるものが一切ないので、かんかん照りの日はきついかも(^^;
20190707_武衛山21
越前市を見下ろす。
20190707_武衛山22
お隣の日野山は、頂上がずっと雲の中。今日登った人、残念。
20190707_武衛山12
本日のお弁当はしめ鯖寿司。
20190707_武衛山13
あと汁物代わりになるカップラーメンを、みんなで分け分け。
デザートはチョコブラウニー。
ある程度食べ終わったら、私は嬉しそうに撮影開始♪
標準と望遠レンズを適宜変えながら、一人いそいそ・・・
20190707_武衛山14
いいじゃん、いい感じじゃん♡
20190707_武衛山15
ポツンと咲いてる花も素敵に♡
20190707_武衛山16
語らってるような父娘を隠し撮り。
20190707_武衛山17
若が近寄ってきたので、「なんか踊って」と無茶ブリ。
真顔でやってくれる若がかわいいです。
20190707_武衛山18
雨粒が乗った葉も美しい・・・
とここまでで、本日誰とも会っておりません。
楽しそうにカメラ小僧をやっていたら、
若が「僕も撮りたい!」というので、丁寧に扱うんだよとバトンタッチ。
かわいい写真が取れてましたが割愛(笑)
そんなことしてたら、やっとおんちゃんが一人!
「こんにちは!」とあいさつをしたと思ったら、
ものの5秒ほどで「じゃあ、お先です!」と帰って行かれました(^^;
息も整ってないのでは・・・っつーか、体力すごい。ストイックそうだったもんなぁ。
我々はまだまだ休憩を堪能します(笑)
20190707_武衛山19
本日は空をバックに歌い上げるカモンジ。

さて、エナジーチャージも済んで、景色も堪能したので
下山することにします。忘れ物はないか、ちゃんと確認。
20190707_武衛山20
帰り際、若が見つけたとかげちゃん。見えるかな?
20190707_武衛山23
やっぱり、行きよりも帰りの方が景色が良くみえますね(笑)
しかし不思議なのは、下に続く道は見えるのに
下から見上げると上の道が分からないこと。
いや、植生の関係とかから当たり前なんだけど、
こういうのも山城には大切だったんだろうなぁ。
20190707_武衛山24
苔むした木も、趣深し。
20190707_武衛山25
木を見つけて、「人っぽいー」と喜ぶ若。
それを見て「それはもともと人だったんだよ・・・実はね・・・」と始める父。
虫が出てきても嫌なので、とりあえず山に返させました(笑)
20190707_武衛山26
やっぱり歩きやすい道。
帰りに男女ペアに1組だけあったので、すれ違ったのは計3人。
何で!?めっちゃ歩きやすいいい山なのに!何でこんな人気ないの!?
旦那氏いわく「多分、隣が日野山だから、色々負けちゃうんじゃないか(^^;」。一理ある。
でも本当に登りやすいいい山だから、もっとみんなに親しんでほしい!
20190707_武衛山27
ゲートの上でお出迎えしてくれたカエル君。
20190707_武衛山28
味真野苑の中にはまだまだ綺麗にアジサイが咲いてましたわ。
無事駐車場に戻ってきたのもつかの間。
もう一度、最初の蓮を撮りに。
20190707_武衛山29
太陽の光が漉ける様子も、蜂が蜜を採りに来た様子も
鮮明に撮れて大満足♪
今日も良い山行となりました。
もうちょっと家から近くて、人がいたらソロでも登るのになぁ。悩むわ・・・

登り:約1時間15分
下り:約40分
プロフィール

ずぅ

Author:ずぅ
愛娘・姫がすっかりお嬢さんになるも、愛息子・若は未だにかわいいやんちゃ坊主^^
平成が終わって令和が始まるので、新しい働き方、始めることにしました。
会社で通算11年タウン誌を制作した経験を生かし、フリーでライター兼エディターやってます。福井市在住。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード
アーカイブ