検索フォーム

QRコード

QRコード

アーカイブ



30豪雪

Category: 徒然  

ニュースでご存知の方も多いと思いますが、
現在福井は絶賛豪雪中です。
心配して連絡をくださった方々、本当にありがとうございます(T◇T)
福井はもともと雪国ではあるものの、
豪雪地帯ではありませんし、近年は降っても30cm。
1mを超す大雪にはワタワタするのが関の山です。
そんな中で降りに降った今回の大雪。
前回の『56豪雪』から37年ぶりの積雪量だそうで。
埋もれたマイカー
速攻で埋まったマイカー。かわいそうに…(T_T)
カーポート
カーポートも雪国仕様ではあるものの、
これ以上降ったらヤバい…ということで雪下ろし。
今回の雪はサラサラして軽いものの、
金曜日には晴れマーク、土曜日には雨マークが出ているので
これから水分を含んで重さを増すことが簡単に想像できますので…。
倒れて車がお釈迦になったら、泣くに泣けない。
カーポート2
姫さんもお手伝い。
若さんは絶賛インフル(B)中なので、家の中でソファーを守ってもらってます。
キリマンジャロ
2日間にわたって除雪車が築き上げたキリマンジャロ。
このほかにもアルプスやヒマラヤなどの名峰がボコボコ誕生しました。
雄大な雪原
その名峰の向こうには、約1.5mほど底上げされた
雄大な雪原(たんぼ)が広がっています。
ああ、なんて美しいの。ダイブして人型つけたい。
お勝手
生ごみ用のごみ箱が置いてあるお勝手。
ここだけは死守(笑)

ちなみに、37年前の56豪雪のとき、私は2歳。
唯一覚えているのは、実父が「冷蔵庫代わり」といって
お勝手の向こうにそびえる約2mの雪壁を掘り、
タコを埋めている光景(笑)
多分母は嫌な顔しながら好きにさせていたはず(^^;
確か、埋めた場所分からなくなって
雪が溶け始めるまで出てこなかったんじゃなかったかな(笑)
今回は前回には及ばない積雪量だけど、
当時の実父の気持ちが少し分かる気がする窓辺。
窓辺

小学校は連休明けまでお休みとなり、
若はある意味ベストタイミングでインフル療養ができたのでした。
(大雪が降り始める前日に判明して薬をもらっていたのが救いでした!)
私は自宅待機が続き、今週はもうお休みさせてもらうことにしました。
車壊れるのも嫌だし、スタックして帰れないのも困る。
幹線も軒並み渋滞で、いつもの時間にどれくらいプラスすれば
目的地に着くのか、見当もつかない状態。
子供たちだけ残して万が一何かあったら・・・・。
誰も補償なんてしてくれませんから(ʘ言ʘ╬)
ガソリンスタンドは灯油もガソリンも品切れが続出しているので
ファンヒーターの温度を下げてエアコンにも頑張ってもらってます。
当然スーパーやコンビニも何もない状態なので、
備蓄を切り崩しながら生きながらえています。
年末にコストコで死ぬほど買いだめしておいて本当に良かった!
水道や電気などのインフラに支障がないのも救いです。
どうか一日も早く、日常に近い生活に戻れますように…(-人-)
スポンサーサイト
 2018_02_08


見習う先

Category: 子ども  

毎日毎日毎日毎日毎日毎日・・・・・
同じ時間に同じ場所を「片付けなさい!」って言うのが
あまりにもむかついたので、先日ブチギレて
「子どもが親の背中見るなんて嘘ばっかり!
 姫には9年、若にも6年毎日同じこと言ってるし
 母は率先して片づけてるのに、ちっとも同じことしないじゃない!」
と子供たちを怒鳴り散らかしたワタクシ。

その話を本日、旦那氏にしたところ…
旦那氏「それは違うよ、母。
     子供たちは母の背中じゃなくて、父の背中を見てるんだ!」
姫&若「そーだそーだ!父を見習ってるんだ!!」
私「ちゃんとしてる方見習え!!」

そうね、うちにいる”親”は私だけじゃなかった・・・・・・あーあ(諦)



 2018_01_21


体操教室発表会

Category:  

昨日、若が通ってる体操教室の発表会がありました^^
とはいえ、体操教室は、先生が運営している教室の1チームに過ぎず
他は全部ダンスチーム^^;
全体の流れから見れば、体操教室の方が異質な存在(笑)
でも、どの子もみんな立派に技を披露していました^^
片足バランス
片足バランス。体操教室(幼児クラス)は4人だけど
ほぼ年長2人の演技(笑)未満児さんたちは癒しの存在♡
倒立
先生に支えられながらの倒立も、綺麗に伸びていて立派!
エンディングの約80名でのダンスも立派に務め、有終の美を飾りました♪

「保育園の生活発表会より緊張した」とは若様談。
小学校に入っても続けるのか、はたまた別の道を進むのかは分かりませんが
良い経験になったことは間違いなさそうです^^
 2018_01_15


魚の目奮闘記

Category: 徒然  

先の週末、まぁよく雪が降ってくれ、一面豪雪ばりの雪野原。
今朝会社から
「除雪が追い付かず、駐車スペースがない。
 急ぎの仕事がないなら、有給消化にはなるけど休んでほしい」
と言われたので、邪魔にならないように喜んでお休みをいただきました(笑)
こんなツルンツルンの氷の上、運転してられっか!
(金・土は豪雪⇒日は快晴⇒月 放射冷却でツルンツルン)

というわけで、思い出したように更新。
年末、約2か月ほど指にできた魚の目に苦しんだ記録を残しておこうかと。
写真載せるので、苦手な人は見ないでね。

昨年10月中旬、右手人差し指第一関節あたりにチクッと痛みを感じたずぅ。
その後小さな湿疹のようなものができるも、
あんまり珍しいものでもなかったので
「まぁ、ほっとけばそのうち治るだろう」と様子見。
しかしいつもの湿疹とは違い、一向に治る気配を見せず
それどころか日に日に成長。
魚の目の完成
これが「魚の目だ!」と気づくのに一ヶ月かかった私(笑)
魚の目が自然治癒することは絶対ないとのことなので
どうすっかなーと色々調べて、通院しなくても良い「イボコロリ」絆創膏を採用。

ドキドキしながら貼ってみて丸一日。
1日目
おお、噂通り白くなった!
しかし特段何か改善されたということはなく、貼り続けること一週間。
1週間後
えー?あんまり進展を感じないんですけどー!?
と焦りといら立ちを感じはじめ、調べてみると
人によって2週間~数か月貼ってないと治らないらしい!知らなかった!
貼ればすぐ治るものじゃないのね!
それなら仕方ない、まだ大人しく貼っていよう。

さらに一週間。
2週間後
うわー!取れたー!周りの堤防みたいなごっつい皮膚、ごっそり取れたー!
でもこのときは、まだ芯が取れていない状態。
引き続き治療の必要はあるものの、
「いきなり芯が取れるんじゃなくて、周囲から治っていくのね」と1つ賢くなりました(笑)
2週間後の翌日
イボコロリの主要成分であるサリチル酸は健康な皮膚にも作用するので、
脱皮して皮膚が薄くなった指につけるのはしんどい。
というわけで一回休憩。
翌日の指は、痛々しく見えるけど、本人は大して痛くない。
状況が目に見えて改善されていてウキウキ♪

2~3日指を休めてから、再度治療開始!
さらに一週間後…
3週間後
芯が取れたー!!!
ぽっかり穴が開いているようにみえるところが、芯の巣です(笑)
これを取らないとすぐ再発してしまうとのこと。
この写真も痛そうですが、本人は全く痛くもかゆくもございません。
むしろ清々しい(笑)
3週間後の翌日
そして翌日には、既に目立たない状態まで復活!
何とか年内中に綺麗になってくれました。一安心。

この魚の目に呼応するように?引き寄せられるように?
11月~12月はずーっとトラブルに見舞われてました。
でも治ったら、トラブルも去っていった感じ。あー、ヤダヤダ。
皆様も、体の不調・変調にはくれぐれもお気を付けくださいませ!
 2018_01_15



気が付けば、1月も中旬に差し掛かり。
更新は一ヶ月半ほど滞り。
色々と失礼いたしました。
こんな私ですが、今年もなにとぞよろしくお願いいたしますm(__)m

さて。世の中は最強寒波に包まれて、
福井もとどまることを知らない降雪に見舞われておりますが。
天気が良かった先週、今シーズン初の雪山に行ってまいりました^^
オイッチニ、サンシ♪
1年前にスキーを習得している姫さんは、
あっという間に勘を取り戻し、何食わぬ顔でスススのスイー♪
午後には父とリフトに乗って少々高いところへ行き、
意味不明の絶叫を繰り広げながら転がり落ちてきたそうな(旦那氏談)。

一方、去年パンダスキーを履くもままならぬ状況に泣きわめき、
ものの10分でリタイヤした若さん。
「今年はがんばるんだ!滑れるようになるんだ!」と意気込みましたが、
やっぱりそんな簡単には体は思い通りに動いてくれず…(笑)
しかし!今年の彼は一味違った!
午後、父と姉の姿が無くなったと思ったら・・・
あれ?滑ってんじゃん(笑)

突然肩の力が抜けたようで、上手に滑りだしました^^v
これで、来年は「本当のスキー」デビューができそうです(笑)

[広告 ] VPS

滑れるようになると本人も楽しいようで
「もう一回!もう一回!」と勇ましく滑ってくれるのですが、
上るために迎えに行く母は死にもの狂い…。
若が「引っ張って~」と差し出すストックを握り、
「かもーつれっしゃーしゅっしゅっしゅー」と歌いながら
何回坂道を往復したことか…。早く自分で上ってこれるようになってくれ…。

みんな揃って仲良く筋肉痛を迎えたのでしたww
 2018_01_12




01  « 2018_02 »  03

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

プロフィール

ずぅ

Author:ずぅ
愛娘・姫のマシンガントークに耳を痛め、愛息子・若のやんちゃ坊主っぷりに頭を痛める毎日。仕事も始めたので、毎日がてんやわんやです。

検索フォーム

QRコード

QRコード

アーカイブ




PAGE
TOP.